やよいブログ

Vocalist / Songwriter 小泉やよいのブログ ♪ニューアルバム『リフレクション』発売中♪

オルレア栽培記録: 直播きした種が発芽

白いレースのような花をつけるオルレア ホワイトレース。

庭のあちこちに咲かせたくて、最初は苗で揃えようかと思ったのですけれど、他にも欲しい苗は沢山あるしどうしようか迷っていたところ、種から育てられることを知って、チャレンジしてみることにしました。

 

種はこんな感じ。

f:id:yayoi-k:20170929093025j:image

大きくてイガイガしてます。ピンセットを使わなくても播けるサイズです。

種まき用具と土はビオラやストックと同じ。

プラグトレイに赤玉土小粒を単用で。表面はバーミキュライトで薄く覆います。

オルレアの種は嫌光性で、発芽するために暗くすることが必要ということをインターネットで見かけて(種の袋には特に書いてなかった)、 今回は赤玉土に埋めるような感じで1穴に1~2粒ずつ播きました。(播種日 9/6)

さらにオルレアについて調べてみると、発芽まで時間がかかるとか、ポットに播くより直播きの方が芽が出やすかったとか、あまり手をかけて世話をしないで放置しておくくらいがよいとか、そんな記述も見かけたので、トレイに播ききれなかった分は庭の土にむにゅっと埋める感じで直播きしました。

(こぼれ種でよく増えるから、ばらまく感じでも良いみたいです。)

f:id:yayoi-k:20170929093037j:image

ある程度覚悟はしていたものの、種まきしてから2週間すぎても何も動きがなくて、大丈夫かな???と心配になってきた頃、外では久しぶりの雨が降りました。

雨あがりに庭の様子を見回っていたら...、あ、

f:id:yayoi-k:20170929093049j:image

オルレアの芽が出てる!本葉も出てきてる。

播種17日目でした。

発芽していたのはひとつだけ。

そういえば、オルレアの種を播いた他の場所は、その後天地返ししてしまっていたのでした(^-^;

発芽していたのはローズマリーの株元。ここは平和だったのだと思われます。

 

この姿を見てやっぱり直播きの方がよいのかな?と思い、トレイに播いていた分も、観察用に4つだけ残して、その他は庭に播いてしまいました。

トレイの方は、播種後23日経った今もまだ動きはありません。

花が咲くのは来年の春ですから、気長に待ちます。

 

昨日の朝、強い雨が降って、オルレアの芽が倒れてしまいました。

株元に土を盛って立たせたところ。

f:id:yayoi-k:20170929093059j:image

庭でのびのび育っておくれ。