やよいブログ

Vocalist / Songwriter 小泉やよいのブログ ♪ニューアルバム『リフレクション』発売中♪

ストック栽培記録: 播種~発芽~本葉展開

冬の花壇に黄色い花を植えたくなって、ストック キスミー イエローを種から育ててみることにしました。

前回書いたビオラもそうなんですが、秋に種を播いてから3ヵ月程度で花が咲くような植物は、本当に成長が速いです。

特にストックは、発芽から何から、あっという間にぐんぐん育ってます。

それに比べると、来年の春に花が咲く植物はすごくのんびり~。

発芽はまだかな?と、種まきしてから変化が見えないポットを見つめていると、「来年まで時間があるんだから、まぁゆっくりいこうや」「私、涼しいのが好きなの」とか言っている種の声が聞こえてきそうです。

いろいろ育ててみると、各植物のペースの違いを知ることができて、面白いですね。

 

さて、ストックの栽培記録です。

種はこんな感じ。ビオラよりちょっと大きくて、播きやすかったです。

f:id:yayoi-k:20170928185447j:image

播き方はビオラと同じ。

プラグトレイに赤玉土小粒を入れて、水で湿らせてから種を播いて、バーミキュライトで表面を軽く覆って、最後に霧吹きでシュッと水をかける。

発芽するまでは鉢皿に水をためて底面給水しました。

f:id:yayoi-k:20170928185515j:image

今回は1穴に4~5粒ずつ播きました。(播種日 9/7)

ストックには八重の花をつける個体と一重の花をつける個体があるんですけど、全ての種のうち八重と一重が半分ずつ出るようになっているので、後で八重を残すために間引くことを考えて、ちょっと多めに播いています。

プラグトレイの残りが少なかったというのもあるんですけど(^-^;

 

種まきして3日目には幼根を確認できて、底面給水をストップ。

ビオラでの反省を生かして、早めにカーテン越しの光にあてはじめました。

播種4日目。一斉に芽が出はじめました。

f:id:yayoi-k:20170928185528j:image

 

播種6日目。あっという間にニョキニョキです。

f:id:yayoi-k:20170928185540j:image

初期成長が遅い個体は一重である可能性が高いので、芽が混みあうのを防ぐために、この時点で少し間引きました。

発芽についてはほとんど全て、9割くらい発芽してくれたような印象です。

 

播種8日目。

ちょっと徒長が気になってきたので、本当はもう少し成長してからの方が良いのかもしれないのですが、八重鑑別してしまうことにしました。

八重の個体は、子葉に切れ込みがあるんですって。それと、一重の個体よりも色が薄い (黄緑色) とか...。

これかな~?と、ちょっと半信半疑になりながらも、周りと比較してそれっぽいものを残しました。

1穴1個体になるようにして、ちょっと深く埋めなおし。

f:id:yayoi-k:20170928185602j:image

なんとなく、ちょこっと切れ込みがあるの分かります?

f:id:yayoi-k:20170928185616j:image

多分、これが八重だと思うのですけれど、真実は咲いてみないと分からないという...ドキドキです。

一重も可愛らしいから全然構わないんですけどね。

 

播種11日目。本葉が出てきました。

f:id:yayoi-k:20170928185635j:image

この頃から薄めた液体肥料を7~10日おきに与えはじめました。

 

播種17日目。本葉が成長してます。

f:id:yayoi-k:20170928185646j:image

 

そして現在。3枚目の本葉が顔を出してきたところです。

f:id:yayoi-k:20170928185656j:image

もう少し成長したらポット上げをします。

 

こんな感じでどんどん大きくなってくれるので、種まき初心者の私にも、育てる楽しさをすぐに感じさせてくれるストックさんでした。